エーテルの店舗リニューアルにあたり、家具も作り変えました!それで、家具職人さんの元へ、打ち合わせに行ったときのお話。

練馬区の閑静な住宅街の中に、その工房はあります。いつもお世話になっている職人さんの「いい家具職人がいる」との紹介で、 たどり着いたその工房。「え?ここが工房?」と思わず口に出してしまうほど、ひっそりとした佇まい。
若干の不安を抱きながら、その工房に足を踏み入れました。「お邪魔しま・・」最後まで言う前に、その工房の歴史とオーラに、一瞬、飲み込まれました。たくさんの、ノコギリやカンナが、壁一面にずらーっと並べられ、迫力満点。
熟練の職人さんと、お弟子さんのお2人で迎えてくださいました。こちらの細かい要望にも、すぐに 「それはこの木材じゃ無理だな。こっちにしよう。」とか、
ここ2㍉削りたい。というと、「あのカンナ取ってこい」といってすぐに形にしてくださいました。
その工房が無言で発する歴史の深さは、まさにこの職人さんから生み出されたものだなと感じました。

店舗を作るために、家具職人さんをはじめ、塗装屋さん、大工さん、電気屋さん、、たくさんの方に、私達の思いを聞いていただき、一緒に作っていただきました。以前よりもさらに、思い入れの深い、店舗になったと思います。
そしてこれからもっと良い店舗になるように、 みなさまと一緒にエーテル店舗の歴史を深めていきたいな、と思っております。