ミラノの小さなレース屋さん >>>

今、夏物の新しい革を作っています!それで、イタリアの工場に行ったのですが、帰りにミラノとローマに寄ってきました。
ミラノでは建築を見たり、美術館へ行ったのですが、所々で路地裏に入ると、古い画材屋さんや、小さな工房があって、その建物や置いてある品も全部、歴史深くて。街全体が芸術作品のような場所なので、何度行っても勉強になるし、感動する街です。
今日は、そんなミラノで出会った、小さなレース屋さんをご紹介します。
2月下旬のミラノはとっても寒い。この日も最高気温1度、最低気温-6度。おまけに雨の日が多くて曇り空。そんな感じで外は冷たいのですが、イタリアの人はとっても温かい。優しくて陽気。お店に入れば温かくむかえてくれる。
可愛らしい佇まいのそのレース屋さんは、100年も続いているんですって!「祖父の代から続いているの。祖父の後は夫が継いだんだけど、その夫も4年前に他界して。今は私が店長ね!このお店にいると寂しくないのよ。思い出も沢山あるし、みんなが遊びに来てくれるから。」
お店には、近所のおじさんやおばさんがやってきては、世間話をして。みんなイキイキ楽しそう。
話しをさせてもらってたら、奥に案内してくれて、移動式のレール棚を開いて様々なレースを見せてくれました。色別に分かれているその棚は、カラフルでキラキラ。まるで宝石箱を見てるみたい。写真撮ってもいい?と聞くと、「もちろん!気にしないで好きなだけ撮ってちょうだい!」と。 
壁にはズラ~っとボタンも並んでいます。同行していたボタンマニアのデザイナーは大興奮。「一日中ここにいたいです・・。」と隅から隅まで余すことなくチェックしては、「これはあのコートにつけよう・・」とひとりつぶやきながら大量に購入していました。
私はレースを10本購入。ベロアのもの、刺繍が施されているものなど。グレイッシュピンクのラメが入っている細いリボンは、その場で首に巻いてみました。
私がカメラを向けると、「ちょっと待って!」と言って、鏡を見ながら髪の毛を直して、「準備できたよ!」とニコってしてくれます。いくつになってもチャーミングで可愛いところが、このお店に、なじみのお客さんを呼んでいるんだと感じました。またミラノに来た際は、このお店に立ち寄ろうっと。

春を、とじこめました。 >>

ローマ最大の骨董市 >>>

関連記事

  1. イタリアからヘアカーフの新色が到着しました。 >>>

    もっとも繊維が細かく、やわらかな牛革をご存知ですか?それが生後6ヶ月以内の仔牛のカーフレザー。市…

  2. 「旅行なんか行けやしねえ」 >>>

    美術大学時代にてテキスタイルを学んでいたころ、富山の藍染職人さんの元へ、研修をしに行ったことがありま…

  3. 母の誕生日 >>>

    わたくしごとではありますが、先日母の誕生日があり、お花を届けた日の話。母は陶芸をやっているの…

  4. ローマ最大の骨董市 >>>

    先日もUPした、イタリア日記の続編。今日はローマで立ち寄った、蚤の市のお話です。ローマのにぎやか…

  5. 美しすぎて >>>

    美しすぎて、ため息がでる・・エイ革、大好きだなぁ。エイ革・スティングレイ(ガルーシャ…

  6. 無言で発するオーラ >>>

    エーテルの店舗リニューアルにあたり、家具も作り変えました!それで、家具職人さんの元へ、打ち合わせに行…

  7. 「土も生きてるからね~」 >>>

    先日、陶芸家の友人が主催している、陶芸教室に行ったときの話です。ろくろを回して茶碗をふたつ作…

  8. おばあちゃんちは宝箱 >>>

    エイ革は人間の歯と同じ成分でできているので、大変頑丈。昔の武士やお殿様は刀の柄の部分にエイ革を使って…

PAGE TOP