エナメル(パテント)レザー|革ブランドAETHER

エナメル革(パテントレザー)|革製品

エナメルの世界

エナメルの魅力はなんといってもツルンとした美しいツヤ。エナメルはかつて高級靴の素材として多く採用されていました。お手入れに靴墨を使用しないことから、舞踏会で男性が女性のドレスを踏んでしまっても、通常の革靴より汚すことがない、という理由で、フォーマルの場で広く愛用されていたと言われています。

エナメル革=パテントレザー

エナメルは、しばしば「パテントレザー」と呼ばれます。パテントとは英語で「特許」の意味で、1810年代にアメリカの発明家が「水や汚れに強い革」を作ろうと開発し、特許をとったという経緯から、「patent leather」と呼ばれています。つまり「エナメル革=(イコール)パテントレザー」ということです。

気をつけて!
それエナメルじゃないかも・・

しかし、エナメルと言っても、本革にエナメル加工するものと、合皮にビニールコーティングをして、まるでエナメルのように見せているものもあります。それは「ビニールエナメル」と呼ばれ、「エナメル」という素材の名前が、まるでそれらの通称のように使用されることも多々あります。見た目ではわからない部分も多いですが、ビニールのほうは細かくシワが入って少々安っぽい印象です。
ビニールが上から貼ってあるだけの合皮商品は、時間とともにビニールが剥がれてしまうことがあります。また、エナメル専用のお手入れクリームを使うと逆効果で、曇らせるだけになってしまいますから、注意が必要です。本物のエナメルレザーは、定期的にエナメル専用のお手入れをしてあげると、美しいツヤがずっと続きます。



そもそもエナメルとは?

クロムなめしした革の銀面(毛のはえていた表皮の面)にワニス(天然樹脂もしくは人造樹脂を油性溶剤ないし揮発性溶剤に溶解させた塗料)やボイル亜麻仁油を塗って光沢や耐水性をもたせたもの。

なんか難しいですね・・。
一言で言うとエナメルとは、本革にエナメル樹脂で加工、コーティングをした革のことです。エナメルはもともと、革を守るためのコーティングとして開発されました。水に強く、汚れにくい。そのため、「エイジング」や「柔らかくなっていく」という革ならではの経年変化は、エナメルでは強く感じることは出来ませんが、天然皮革にありがちな雨や水のシミが出来てしまうということもありません。

耐久性があるからといっても
注意が必要

光沢感がありツルツルとしているため、汚れが目立ちにくい革ではありますが、それでも汚れないわけではありません。手に吸い付くような素材なので、他の製品からの色移りがしやすいです。汚れに関しては、他の革と同様に、時間が経つほど落ちにくくなるので、定期的な手入れが必要となります。ただ、最低限のお手入れ方法をマスターしておけば、エナメル革は「メンテナンスフリー」と言われるほど、手入れが簡単なレザーです。定期的に手入れさえしていれば、ずっと新品のような光沢感を維持することができます。

エナメルレザー(パテントレザー)のお手入れ方法


 

エナメルレザー(パテントレザー)のお手入れに必要なケア用品

Collonil
(コロニル)
ラックムース
1,500円+税

Collonil
(コロニル)
ラックポリッシュ
1,000円+税

Collonil
(コロニル)
ポリッシングクロス
400円+税

フォーマルにもカジュアルにも

簡単なお手入れで美しいツヤが続くエナメルレザー。カジュアルにはもちろんですが、舞踏会で親しまれていたこともあり、特にパーティーなどのフォーマルシーンにもおすすめです。エーテルのパテントレザーは、美しい色彩の様々な花柄をご用意しています。お財布、キーケース、バック・・。普段のお出かけにはもちろん、特別なシーンでも大活躍すること間違いなしです。

牛革の種類・ランクの種類・種類別の見分け方・特徴|革ブランドAETHER

関連記事

  1. イタリアからヘアカーフの新色が到着しました。 >>>

    もっとも繊維が細かく、やわらかな牛革をご存知ですか?それが生後6ヶ月以内の仔牛のカーフレザー。市…

  2. 今までにない、本物の花を閉じ込めたキーケースをお届けします

    凍てつく寒さの2月下旬、芸術の都イタリアで、私たちはこの革と出会いました。イタリアの高度…

  3. 「見てくださいこの色このツヤ!」 >>>

    「この色めっちゃ良くないですか?! このパープリッシュがかった上品なグレイ、なかなか出ないんです!…

  4. 美しすぎて >>>

    美しすぎて、ため息がでる・・エイ革、大好きだなぁ。エイ革・スティングレイ(ガルーシャ…

  5. 女性に届けたい鮮やかなコードバン。

    革が好きな女性に届けたい。常識を覆す、鮮やかなコードバン。

    革が好きな女性に届けたい常識を覆す、鮮やかなコードバン― 長野県・飯田市 ―「革のダ…

  6. 春を、とじこめました。 >>

    春。さくら並木を歩くと、淡いピンクの花びらがひらひらと舞います。ほんの一瞬しか咲かないさくらをずっと…

  7. エーテルの革のお話 < ヘアカーフ>

    エーテルの革のお話― 一流のヘアカーフ ―しっとりとした見事な毛艶に、思わずため息が漏れ…

  8. シープスキンとラムスキンの違い|革ブランドAETHER

    ラムスキンとシープスキンの違い|革製品ラム(羊)革の魅力ラム革と聞くと、手袋やジャケットなど…

PAGE TOP