春を、とじこめました。 >>

春。さくら並木を歩くと、淡いピンクの花びらがひらひらと舞います。ほんの一瞬しか咲かないさくらをずっと手元で眺めることができたら・・。そんな想いから私たちのものづくりは始まりました。「花びらの輪郭はキラキラと輝くラメ箔で、中心はほんのりと染め上げたさくら色にしたい。」でも、ラメの加工は工場中に飛び散るため、ラメをかけてくれる工場が見つかりません。革のデザインをはじめて、最初の革が仕上がるまで、かかったのはおよそ1年半。デザイン、加工、どの工程もチャレンジの連続でした。その試行錯誤の様子を、みなさんにチラッとお見せします。
3月上旬。厳しい寒さが徐々に和らぎ、少しずつ春の訪れを感じはじめた頃、私たちは遠く離れたイタリアトスカーナ州・サンタマリノへと旅立ちました。バケッタ革からはじまった靴底屋、型押し屋などの工場がたくさん残る小さなこの町で、さくらの革は生まれます。この自然豊かな町にもさくらの木がたくさんあって、私たちの想いを共有するのに、大した時間は必要ありませんでした。

「日本人と同じように、この町の職人たちも、さくらの花にほっとときめくんだよ。」そう語るイタリアの職人。春、優しくてやわらかいさくら色が、そよ風にゆれる情景を革に落とし込むために、何度も何度も試作を重ねていきます。

その工程は革をなめすことからはじまります。冬は温度が下がるので、季節によってなめす時間を調整。長年の勘が必要になります。

なめし木のドラムでなめされた革は、美しい乳白色に。この白い革をキャンバスに、淡いさくらが染色されていきます。その色や花びらの大きさなど、何度も何度も調整し修正。私たちの求めるさくらを表現するために、何十回もサンプルを作り直します。

「花びら1枚1枚を膨らませてリアリティを出したい。」とこちらが言うと、顔をしかめて「日本人は細かいからね~。」と言いながらも、特殊な薬剤でふっくらとした質感を表現していきます。イタリアは革の歴史が深く、特に加工と染色は精良を極めます。これが、この工房に訪れた最大の理由。

さらに、ほんのりと花びらの中心をさくら色に染めて、大人の可愛らしさも忘れずに。染色は、何工程もある中で、とくに職人の個性が際立つ工程のひとつ。色作りは職人の勘に頼ることが多く、調合する人によってニュアンスが微妙に異なります。生まれたときから革と触れ合い、センスが磨かれてきたイタリアの職人。私たちの求める色を汲み取り、丁度の染料を調合していきます。

アルノ川に住んでる50代の職人。「昔は冬に泳いだんだぜ~」と話すほど、陽気で何歳になってもお茶目な職人たちですが、作業に取り掛かると目つきが変わります。そして試作品を眺めては「ふっくらしすぎ。」「そもそも銀面(革の表面)をもっとパフがけしたほうがいいね。」と妥協を許しません。職人のプライドが光ります。

私たちの想いをのせて職人と作り上げる革には、デザイナーや職人の何人もの熱量が詰め込まれています。こうしていくつもの工程も経て、時間をかけて作り上げられた革は、お財布やキーケースとなって、あなたの元へ届けられていきます。箱を空けた瞬間、あなたが笑顔になることを願って・・。

《大分県》期間限定ポップアップイベントのお知らせ >>

ミラノの小さなレース屋さん >>>

関連記事

  1. エーテルの革のお話 < ヘアカーフ>

    エーテルの革のお話― 一流のヘアカーフ ―しっとりとした見事な毛艶に、思わずため息が漏れ…

  2. 枯れない花束(押し花革)|革ブランドAETHER

    枯れない花束-押し花革ができるまでの物語-|革製品花束を革に閉じ込めたい「大切な人に花束…

  3. エナメル(パテント)レザー | 革ブランドのAETHER

    エナメル革(パテントレザー)|革製品エナメルの世界エナメルの魅力はなんといっ…

  4. 牛革の種類・ランクの種類・種類別の見分け方・特徴 | 革ブランド…

    牛革の種類・ランクの種類・種類別の見分け方・特徴|革製品1番メジャーな革だけど意外と知られて…

  5. 満開のさくら色を探して・・|革ブランドAETHER

    満開のさくら色を求めて|革製品今日はエーテルで一番好きな革の話をします。最も時間と手間を…

  6. 今までにない、本物の花を閉じ込めたキーケースをお届けします

    凍てつく寒さの2月下旬、芸術の都イタリアで、私たちはこの革と出会いました。イタリアの高度…

  7. 内装革の話

    今日は、店舗限定の押し花キーケースの内装のお話です。エーテルの商品の内装は、外装にも使えくらいこだわ…

  8. コロニルの革製品のお手入れ方法|おすすめレザーケア

    革製品のお手入れ方法とCollonil(コロニル)の使い方革は人肌と一緒でデリケート。日頃のお手…

PAGE TOP