母の誕生日 >>>

わたくしごとではありますが、先日母の誕生日があり、お花を届けた日の話。

母は陶芸をやっているので、遊びに行くといつも自分で作った茶器で紅茶を入れてくれます。わたしは家で素焼きの急須と湯飲みを使っていて、茶渋がついてきたので漂白したほうがいいかと相談すると、絶対にダメだと言われました。

「陶器や土ものは茶渋に限らず、料理の油が徐々に染み込んで、いい味になっていくの。それが個性になって、使えば使うほど自分だけのものになっていくのが面白いのよ。革だってそうでしょ?」

なるほどね~と思いました。プロダクトだけど、ただのモノではない感じ。一緒に時を重ねて、自分のものになっていく。

「今日もらった花は、こないだ焼きあがった新作の花器に生けようかな。しばらくしたらドライにして、時の経過を楽しむわね。」

「見てくださいこの色このツヤ!」 >>>

内装革の話

関連記事

  1. 無言で発するオーラ >>>

    エーテルの店舗リニューアルにあたり、家具も作り変えました!それで、家具職人さんの元へ、打ち合わせに行…

  2. イタリアからヘアカーフの新色が到着しました。 >>>

    もっとも繊維が細かく、やわらかな牛革をご存知ですか?それが生後6ヶ月以内の仔牛のカーフレザー。市…

  3. 「旅行なんか行けやしねえ」 >>>

    美術大学時代にてテキスタイルを学んでいたころ、富山の藍染職人さんの元へ、研修をしに行ったことがありま…

  4. 「土も生きてるからね~」 >>>

    先日、陶芸家の友人が主催している、陶芸教室に行ったときの話です。ろくろを回して茶碗をふたつ作…

  5. ローマ最大の骨董市 >>>

    先日もUPした、イタリア日記の続編。今日はローマで立ち寄った、蚤の市のお話です。ローマのにぎやか…

  6. 「見てくださいこの色このツヤ!」 >>>

    「この色めっちゃ良くないですか?! このパープリッシュがかった上品なグレイ、なかなか出ないんです!…

  7. 洞田さん >>>

    今日は、コードバンの職人、洞田さんについてのお話。その前に、コードバンについて簡単に説明しま…

  8. ミラノの小さなレース屋さん >>>

    今、夏物の新しい革を作っています!それで、イタリアの工場に行ったのですが、帰りにミラノとローマに寄っ…

PAGE TOP