枯れない花束(押し花革)|革ブランドAETHER

枯れない花束-押し花革ができるまでの物語-|革製品

花束を革に閉じ込めたい

「大切な人に花束を贈るように、革に花を閉じ込めることができたらどんなに素敵だろう。それはずっと枯れないし、眺めるだけじゃない。いつだって側にいて、一緒にお出かけできる。そんな革小物。」

女性革作家の上川さん

「大切な人に贈る花束を、革に閉じ込めたいと思って試行錯誤していました。押花をたくさん取り寄せたり、自分で作ってみたり・・でも難しくて。花びらが欠けたり、時間がものすごくかかったり、すぐに動いて配置がうまくいかなかったり。心折れかけていたとき、エーテルから、一緒にやりたいと声がかかりました。その時に、まだあきらめちゃいけないなって思いました。」そう話すのは革作家であり、一人息子のお母さんでもある上川さん。
新しい素材づくりとして、花束を革に落とし込めたら・・と思っていたときに、ちょうどエーテルから押し花革の話が舞い込んできました。

浅草のアトリエ

彼女のアトリエは、浅草の隅田川沿いにあります。浅草は江戸時代から革産業が発達し、世界でもその卓越した技術を誇る街。そのアトリエからは墨田川のせせらぎが聞こえてきて、水面がきらきらと輝き、ゆっくりとした時間が流れています。

時間をかけてつくる

押し花の革は、このアトリエで、パンジーやカスミソウなどの花を、ひとつひとつ手で置いて作っています。ひとつひとつ、花を置いていきますから、とっても時間がかかります。正直、生産性も低いです。でもあえて、この革を作ります。 「ものづくりの原点って、お金儲けじゃないと思うんですね。いいものを作りたい。美しいものを形にしたい。大切な人のために役に立ちたい。そういう気持ちだと思うんです。でも日本は特に、アートや革産業への理解が薄いように感じます。 押し花革も、生産性に劣るのであきらめかけていたら、エーテルから一緒にやりましょう、って言われて。絶対に形にしようと思いました。」

革作家になったきっかけ

上川さんが革作家になったのは、およそ5年前。美術大学の油学科を卒業後、大手企業の革靴ブランドのデザイナーとして働いていました。 「企業に入っているときは、良い悪いではなく、売れる商品を作らないといけなかった。でも売れる商品作りではなくて、自分が描きたい、作りたいと思ったものを形にしたいと思っていました。」 そんなことを思っていたとき、転機が訪れます。お子さんの出産。そして息子さんが一歳になったとき、記念に子供用の革靴を作りました。
これが評判を呼び、ポップアップ店などの声がかかるようになっていきます。「嬉しかったです。商売は関係なく、大切な人を思って作ったものが、たくさんの方に共感されていって。ものづくりの楽しさを、改めて感じました。」 それから、自分の描きたいと思ったものを、革に閉じ込めるようになり、会社を退職。自然と革作家となっていきます。 「美しい、良い、と思ったものを、素直に革に落とし込めたのは、作家になってからですね。」

原点を大切にしたい

作るものに、想いをのせる。大切な人のために作るように、ひとつひとつ時間をかける。彼女の作るものに心が動くのは、こういう原点があるから。 「絵や彫刻は、飾って眺めるものだけど、靴やお財布は、一緒に出かけたり、旅したり出来るじゃないですか。大切な人を想うように、いつも側にいて、使ってくれる方が笑顔になるものづくりがしたい。その気持ちが、私の原点です。」

押し花革は現在製作中。たくさんの数がつくれないのと、個体差があるため店舗限定品になりますが、リクエストが多い場合はネットでも発売したいと思っています。
また、キーケースのみの製作でしたが、エーテル公式instagramにて「お財布も欲しい!」というお声を多数いただいておりますので、そちらも出来るかどうか試行錯誤中です!また都度みなさまにご報告させていただきますね。

エナメル(パテント)レザー | 革ブランドのAETHER

花咲くレザーをもとめて|革ブランドAETHER

関連記事

  1. イタリアからヘアカーフの新色が到着しました。 >>>

    もっとも繊維が細かく、やわらかな牛革をご存知ですか?それが生後6ヶ月以内の仔牛のカーフレザー。市…

  2. 小さなキーケースに込められた、職人の「粋」をたずねて

    小さなキーケースに込められた職人の「粋」をたずねて― 東京・浅草 ―東京スカイツリー…

  3. エナメル(パテント)レザー | 革ブランドのAETHER

    エナメル革(パテントレザー)|革製品エナメルの世界エナメルの魅力はなんといっ…

  4. 満開のさくら色を探して・・|革ブランドAETHER

    満開のさくら色を求めて|革製品今日はエーテルで一番好きな革の話をします。最も時間と手間を…

  5. 女性に届けたい鮮やかなコードバン。

    革が好きな女性に届けたい。常識を覆す、鮮やかなコードバン。

    革が好きな女性に届けたい常識を覆す、鮮やかなコードバン― 長野県・飯田市 ―「革のダ…

  6. コロニルの革製品のお手入れ方法|おすすめレザーケア

    革製品のお手入れ方法とCollonil(コロニル)の使い方革は人肌と一緒でデリケート。日頃のお手…

  7. 春を、とじこめました。 >>

    春。さくら並木を歩くと、淡いピンクの花びらがひらひらと舞います。ほんの一瞬しか咲かないさくらをずっと…

  8. 美しすぎて >>>

    美しすぎて、ため息がでる・・エイ革、大好きだなぁ。エイ革・スティングレイ(ガルーシャ…

PAGE TOP