理想のパイソン(蛇革)を求めて|革ブランドAETHER

美しい革、パイソン|革製品

パイソン(蛇革)の魅力

エキゾチックレザーの中でも、クロコダイルに次ぐ高級革として有名なパイソン。上等なパイソンは薄くて軽い。なのに丈夫。その繊細なうろこは、柔らかくて、ラグジュアリーで、大人の女性にぜひ持って欲しい革のひとつです。

理想のパイソンがない・・

その一方で、日本の展示会で出逢うパイソンの見た目は、奇抜ですごく派手だったり、逆に地味だったり。男性的な柄ばかりで、ぐっとくる革はありませんでした。
パイソンは革として最高級で、しかも柔らかくて女性的な革。いつか製品にしたいという思いはずっとありながらも、理想の色味に全く出会えなかったのです。

イタリアでの出会い

そして理想パイソンを探しに、イタリアに行きました。
向かったのはエキゾチックレザー専門の会社、DOLMAN。パイソンの種類が豊富で、色も柄も今までに見たことのない、上品なものばかりでした。さすがイタリアの染色技術。大人の女性にふさわしい品のある色。甘い色味でもグレイッシュな落ち着いたトーンで、今までのパイソンの印象が一気に覆りました。これなら最高に美しい製品が出来る!そう確信しました。

私たちの理想の色

そして私たちの「日本の女性にもパイソンを見て欲しい、理想の色を作ってくれないか」とのお願いに、「もちろん協力するよ!」と快く協力してくれました。

そのパイソンのサンプル革が完成し、イタリアから届いた日を今でも忘れません。デザイナーが興奮しながらものすごい勢いで走ってきて、「この色すごく良くないですか?! このパープリッシュがかった上品なグレイ、日本のレザーフェアに行っても絶対にないし、こんなにおしゃれな色は、イタリアのセンスのある職人じゃないと出せないんです!」と興奮。

「ピンクも、こんなにニュアンスのある色彩は、いくら色調整しても出せないんです。グレイっぽい、青味のある上品なピンク、イタリアの染色師はさすがだなぁ~。 この革はわざわざ半ツヤの加工にしてもらいました。なぜかというと、使えば使うほど手の油を吸収して、ツヤが増すんです。面白いですよね。経年変化をして、もっと美しく艶やかになります。しかもこれ、原皮の状態でこんなに薄いんですけど、大変丈夫な上等中の上等な革なんです。 だから軽くて丈夫で、良い財布ができますよ!!」とデザイナー。興奮しすぎて、息が上がっていました。


早くみなさんにお見せしたい・・。エーテルらしい今までに見たこともないようなパイソンの製品。ただいま製品を企画中ですので、楽しみにお待ちください!

満開のさくら色を探して・・|革ブランドAETHER

Collonil(コロニル)革製品のお手入れ方法|おすすめレザーケア

関連記事

  1. 女性に届けたい鮮やかなコードバン。

    革が好きな女性に届けたい。常識を覆す、鮮やかなコードバン。

    革が好きな女性に届けたい常識を覆す、鮮やかなコードバン― 長野県・飯田市 ―「革のダ…

  2. 春を、とじこめました。 >>

    春。さくら並木を歩くと、淡いピンクの花びらがひらひらと舞います。ほんの一瞬しか咲かないさくらをずっと…

  3. エナメル(パテント)レザー | 革ブランドのAETHER

    エナメル革(パテントレザー)|革製品エナメルの世界エナメルの魅力はなんといっ…

  4. シープスキンとラムスキンの違い | 革ブランドAETHER

    ラムスキンとシープスキンの違い|革製品ラム(羊)革の魅力ラム革(ラムレザー)と聞くと、手袋や…

  5. 「見てくださいこの色このツヤ!」 >>>

    「この色めっちゃ良くないですか?! このパープリッシュがかった上品なグレイ、なかなか出ないんです!…

  6. 枯れない花束(押し花革)|革ブランドAETHER

    枯れない花束-押し花革ができるまでの物語-|革製品花束を革に閉じ込めたい「大切な人に花束…

  7. エーテルの革のお話 < ヘアカーフ>

    エーテルの革のお話― 一流のヘアカーフ ―しっとりとした見事な毛艶に、思わずため息が漏れ…

  8. 今までにない、本物の花を閉じ込めたキーケースをお届けします

    凍てつく寒さの2月下旬、芸術の都イタリアで、私たちはこの革と出会いました。イタリアの高度…

PAGE TOP