花咲くレザーをもとめて|革ブランドAETHER

花咲くレザーをもとめて-押し花革ができるまでの物語-|革製品


ずっと作りたくてアイデアを温めていた革がありました。それは、本物の花を閉じ込めたオリジナルレザー。「いろんな花を、一枚の革の上で本物のブーケのように仕立てたい・・」
途方もなく思えたその夢が、間もなく叶いそう。今、とてもワクワクしています。

 花と女性、高めあう二つの美しさ

エーテルが創業から大切にしてきた花というモチーフ。周りの環境がどうあろうと花はいつだって美しく咲き、私たちの日常にときめきを与えてくれます。お花の生命力や繊細な色味、柔らかな曲線は、女性の持つ美しさを引き立てさらに魅力的に見せてくれるものだと信じて疑いません。

だから、もっと花ひとつひとつの表情や色合いをリアルに表現するため、“本物の花”と“革”をひとつにできないか・・そう考える日々が続きました。

だけれど、「花を革に?やったことないけど出来ないよ!」「そんなこと、やってる所も聞いたことないなあ・・」見たこともなく、どうやって作るかさえ分からない革のオーダーを、 受けてくれるところはありませんでした。無理もありません。原料の調達や加工法が不明確な上、果たして本当に出来るのか、少し考えただけでも難しそうです。

上川さんとの出会い

タンナーを探して、約半年。半ば諦めそうな中、一人の職人さんがある人を紹介してくれました。上川美希さん。革素材を中心に扱う、女性のデザイナー・作家さんです。
浅草のアトリエにて、柔らかい物腰で私たちを迎えてくれたその方は、「花を入れた革を作りたいんです!」という突拍子もない申し出に、「私もやりたいと思っていたんです。」と二つ返事で引き受けてくれたのでした。

そして始まる、研究と挑戦の日々

そこからは、二人三脚。無理だと思っていた革が、エナメルがけをしてくれるタンナーを知っていた上川さんの助けにより急ピッチで進みます。出来るだけ品質のいい押し花を仕入れるところから始まり、熱と圧力をかけても色が枯れない花の研究やどうやって花を仕上げのコーティングが終わるまで花を革に固定するのか、上手くいくまで挑戦する日々。でも、同じくらい革に情熱を持って「良いもの」を作りたいと思ってくれる上川さんとの出会いは、私にとってどんなにか心強かったでしょう。

日本の革業界は、いまだ男性中心の業界です。だから、女性好みのものが生まれにくい。そんな中で一緒に目標を持って革という素材に向き合ってくれる上川さんは、今まで出会えたことのない大切な仲間のような存在なのです。

押し花レザー、完成!

そして上川さんの手によって、とうとう完成した押し花レザー。
花を一枚一枚手作業で糊付けし、ほこりが入らないよう大切に運ばれ、職人と上川さんが2人がかりで仕上げた革で、キーケースをお仕立てました。まもなく、エーテル自由が丘店の店頭に並びます。お客様が押し花レザーを手にしたときの驚きの表情や、感想を早くお聞きしたい。本当に楽しみでなりません。

※押し花キーケースの入荷は10/6より。花の雰囲気やデザインがひとつづつ異なるため、お客様がお好みの柄を選べるよう店頭のみでの販売となります。

枯れない花束(押し花革)|革ブランドAETHER

満開のさくら色を探して・・|革ブランドAETHER

関連記事

  1. イタリアからヘアカーフの新色が到着しました。 >>>

    もっとも繊維が細かく、やわらかな牛革をご存知ですか?それが生後6ヶ月以内の仔牛のカーフレザー。市…

  2. シープスキンとラムスキンの違い|革ブランドAETHER

    ラムスキンとシープスキンの違い|革製品ラム(羊)革の魅力ラム革(ラムレザー)と聞くと、手袋や…

  3. コードバン|革ブランドAETHER

    コードバン(馬革)の特徴、お手入れ方法|革製品コードバンとは?コードバンは高価なイメージ。良…

  4. 理想のパイソン(蛇革)を求めて|革ブランドAETHER

    美しい革、パイソン|革製品パイソン(蛇革)の魅力エキゾチックレザーの中でも、クロコダイル…

  5. エナメル(パテント)レザー|革ブランドAETHER

    エナメル革(パテントレザー)|革製品エナメルの世界エナメルの魅力はなんといっ…

  6. 満開のさくら色を探して・・|革ブランドAETHER

    満開のさくら色を求めて|革製品今日はエーテルで一番好きな革の話をします。最も時間と手間を…

  7. 内装革の話

    今日は、店舗限定の押し花キーケースの内装のお話です。エーテルの商品の内装は、外装にも使えくらいこだわ…

  8. 春を、とじこめました。 >>

    春。さくら並木を歩くと、淡いピンクの花びらがひらひらと舞います。ほんの一瞬しか咲かないさくらをずっと…

PAGE TOP