10月の花「ジニア&ダリア」|季節のブーケプレゼント

みなさん、こんにちは。
庭木や街路樹からふんわりと甘い香り。金木犀は、秋の記憶を思い出させてくれる香りですよね。

さて本日は、“旬の花と、花言葉”10月篇をお届けいたします。
秋の澄んだ空気を吸って、のびのびと美しい花を咲かせる「ジニア」と「ダリア」のご紹介です。

今月も素敵なミニブーケのプレゼントがありますので、どうぞ最後までお付き合いください。


華麗な花びらの「ジニア」と「ダリア」

今回ご紹介する「ジニア」は、開花期が春から晩秋と長く、「花が100日咲き続ける」という意味から「百日草」とも呼ばれています。

この「ジニア」も「ダリア」も暑い季節から咲く花なのですが、気温が下がりはじめる初秋が一番美しいんだとか。澄んだ風に吹かれながら深呼吸をすると、それだけで気持ちも頭もスッキリする。花も人も同じなんですね。

「この時期、ジニアは市場にもたくさん出てきます。色も種類もとても豊富。路地でもきれいに咲いているので、ぜひお散歩しながら見つけてみてください」。
そう、教えてくれたのは「ハナと枝」のフローリスト上田みどりさん。この連載では、みどりさんの抜群のセンスで、季節の花のブーケを作ってもらっています。

「ジニア」と「ダリア」。どちらも、美しく華麗な花びらの持ち主です。秩序だった配列で幾重にも重なる花びらは、見ているだけでうっとり。

「ジニア」の “エレガンス”や“ドリームランド”という品種は、その名のとおり存在感のある色や形のものが多く、上質なファッションに通じる特有のエレガントさがあります。新品種も続々と登場しているようで、ビビッドな色やシックな色など魅力的な色が増えているそうです。

「ダリア」の花びらは、よ〜く見るとハート型。なんてキュートなんでしょう。自然にこのフォルムが生まれるなんて、植物はまさにアート。私たちの感性を常に刺激してくれますよね。


花言葉は“華麗”“不在の友を思う”

「ジニア」の花言葉は、『不在の友を思う』『変わらない思い』。

「百日草」というほど開花期の長い「ジニア」らしい花言葉ですよね。ちなみに、英名は「Youth and old age (老いも若きも)」。新しい花が入れ替わりながら咲き続けることからこの名が付いたようです。同じ花でも視点が変わると名前も様々。こんなふうに花について知ることも、花を楽しむことのひとつですね。

一方、「ダリア」の花言葉は、『華麗』『気品』『移り気』。

「ジニア」とは対極の『移り気』という言葉が入っています。たしかに小振りの「ダリア」の花には“我がままな女の子”的な、特有のチャーミングさも感じます。

18世紀にヨーロッパに渡って以降、その華やかさから「花の女王」とも呼ばれている「ダリア」は、ナポレオンのお妃さまジョセフィーヌが愛した花なのだそう。お妃さまを虜にした花。そんな遠い歴史に思いを馳せると、「ダリア」の魅了が一段と増してきますよね。


花びらのように輝く“クロコレザー”

美しい花びらをもつ「ジニア」と「ダリア」。透明感のあるエナメルレザーにクロコの型押しを施した「LUCIEL(ルシエル)」は、このふたつの花のように華麗な輝きのあるシリーズです。

クロコの鱗の形は、花びらのように自然が生み出したもの。そんな自然の造形美を表現するために、この革は職人が一枚ずつ手作業で彩色しています。パールの入ったエナメルの輝きはとても大人。花を愛でる時のように、持つ人の気持ちを内側から高めてくれるはずです。

落ち着いたトーンの洋服が多くなる秋冬シーズン。モヘアやファーなどの起毛素材や、上質なカシミヤやウールにもピッタリ。透明感と輝きのある“ルシエル”で、秋の装いに華やかさをプラスしてみませんか?

LUCIEL(ルシエル)のページへ→

今月も、ミニブーケをプレゼント!

「ジニアは少し水揚げが悪いので、水切りをしながら楽しんでください」と、“ハナと枝”のみどりさん。

この連載では、毎月1名様に季節のミニブーケをプレゼントしています!

旬のお花を教えてくれた「ハナと枝」のみどりさんに、瑞々しい旬なお花を選んでもらいますので、どんなブーケが届くかお楽しみに!2回の連載で、プレゼントのご応募も増えています。みなさんも、ぜひご応募くださいね。

応募方法:以下のフォームよりご応募ください。
応募締切:10月27日(火)まで

▶プライバシーポリシーはこちら

※ご記入いただいたメールアドレスに、自動確認メールをお送りさせていただきます。フィルタをご利用されている場合は、[aet.jp]ドメインからのメールを受信できるように設定してください。

【ジニア】
学名:Common Zinnia, Youth and old age
分類:キク科ヒャクニチソウ属(ジニア属)
原産地:メキシコを中心に南北アメリカ
別名:ジニア・ウラシマソウ(浦島草)・チョウキュウソウ(長久草)
開花期:春〜秋
花もち:5〜10日 (水揚げの悪いものもあります)
誕生花:10/3 12/22

【ダリア】
学名:Dahlia
分類:キク科テンジクボタン属(ダリア属)
原産地:メキシコ、グアテマラ
別名:テンジクボタン(天竺牡丹)
開花期:夏〜秋
花もち:2〜5日
誕生花:6/5 7/29 8/17 9/15

エーテル美術館『花瓶(ピンクの背景)』

関連記事

  1. エーテル美術館『花瓶のバラ』

    皆さまこんにちは。エーテルスタッフの遊佐です。“花と、エーテル”新連載の「エーテル美術館…

  2. マリーゴールド栽培日記 ~31日目・蕾~

    ←7日目・発芽の記事はこちらひたすらに成長を見守る日々が始まりました。一日たりとも見逃せないほ…

  3. 十五夜お月様 中秋の名月を愉しむ

    みなさん、こんにちは。気持ちが凛とするような澄んだ風が吹く秋。空の表情も一段と美しくなる季…

  4. おしゃれで簡単!ワックススタンプの作り方|AETHER花だより …

    みなさんこんにちは。エーテル企画担当の小松です。前回のコラムで、ハンギング法でのドライフラ…

  5. 季節を連れてきて。“旬の花と、花言葉”。

    みなさん、こんにちは。暦の上では大暑も過ぎ、例年であれば梅雨が明けている頃なのですが、今年…

  6. ちょこっと#おうち花見|AETHER花便り

    こんにちは!企画担当の小松です。前回、簡単なフラワーアレジメントを4コマ形式でご紹介したばか…

  7. この夏、ハーブを始めました。

    |夏至の日の朝に摘まれたセントジョーンズワート こんにちは。エーテルスタッフの真田です。突然…

  8. お家バカンス。手編みかごバッグMANON

    みなさん、こんにちは。強い日差し、アツアツの歩道。気温はもう少し下げて欲しいところですが…

PAGE TOP