「旅行なんか行けやしねえ」 >>>

美術大学時代にてテキスタイルを学んでいたころ、富山の藍染職人さんの元へ、研修をしに行ったことがあります。

その工房には3m四方の池のようなものが、4つ並んでいました。それは、藍染をする桶。 深くて青くて、吸い込まれてしまいそうな、感じたことのない空気感でした。
若手の職人さん曰く、藍と会話をしながら、調子を整えるとのこと。
熟練の職人さんが大きな桶の脇に腰掛をけ、じっくりと藍を眺めます。そして人差し指に藍をちょこっとつけて、なんと、舌の上へ。藍をなめて、舌で転がし、毎日の水分量や温度調節を決めるそうです。これが365日、毎朝の日課。「だから旅行なんか行けやしねえ」と言いつつも、その横顔は誇らしくて、嬉しそうでした。
若手の職人さんは、まだ舌で藍の調子が分かるほどにはなれていないとのこと。「早く自分も師匠のようになりたいんですけどね、まだまだです。」と。師匠の背中を見て、毎日藍と向き合う若手さん、それを見守る師匠。口数は少ないけど、固い信頼関係を感じました。そしてお二人の、藍にかける愛情が、深くて美しい藍の色を生むんだなと、感動したのを今でも覚えています。

私たちもいつか、革の藍染のバックを作ってみなさんに届けたい。そしたらきっと、ものすごく、愛情が湧く鞄になるだろうな。

「土も生きてるからね~」 >>>

無言で発するオーラ >>>

関連記事

  1. 美しすぎて >>>

    美しすぎて、ため息がでる・・エイ革、大好きだなぁ。エイ革・スティングレイ(ガルーシャ…

  2. 母の誕生日 >>>

    わたくしごとではありますが、先日母の誕生日があり、お花を届けた日の話。母は陶芸をやっているの…

  3. 洞田さん >>>

    今日は、コードバンの職人、洞田さんについてのお話。その前に、コードバンについて簡単に説明しま…

  4. 無言で発するオーラ >>>

    エーテルの店舗リニューアルにあたり、家具も作り変えました!それで、家具職人さんの元へ、打ち合わせに行…

  5. おばあちゃんちは宝箱 >>>

    エイ革は人間の歯と同じ成分でできているので、大変頑丈。昔の武士やお殿様は刀の柄の部分にエイ革を使って…

  6. イタリアからヘアカーフの新色が到着しました。 >>>

    もっとも繊維が細かく、やわらかな牛革をご存知ですか?それが生後6ヶ月以内の仔牛のカーフレザー。市…

  7. ミラノの小さなレース屋さん >>>

    今、夏物の新しい革を作っています!それで、イタリアの工場に行ったのですが、帰りにミラノとローマに寄っ…

  8. ローマ最大の骨董市 >>>

    先日もUPした、イタリア日記の続編。今日はローマで立ち寄った、蚤の市のお話です。ローマのにぎやか…

PAGE TOP