牛革の種類・ランクの種類・種類別の見分け方・特徴|革ブランドAETHER

牛革の種類・ランクの種類・種類別の見分け方・特徴|革製品

1番メジャーな革だけど
意外と知られていない事実


レザー(革)製品の多くは、牛革で作られているといっても過言ではありません。牛革は、世界で最も一般的な原皮といわれていて、お財布やバック、靴など、現在でも幅広い用途で使われています。食用として飼育されているため、安定した供給量が見込めるからです。北米産ものが最も多く、ついでオーストラリア、カナダとなっています。日本国内で生産された牛革は「ジナマ」と呼ばれ、国産の牛革は管理状態がよい事から、品質が高い革として人気があります。
そんな牛革にも、めったにお目にかかれない種類があります。
牛革は、皮をとる牛の年齢やオスメスの違いなどにより様々な呼び名があり、またそれぞれの持つ性質が異なっています。主に、レザー表面の風合いが異なり、価格に大きな違いがうまれます。牛の年齢やオス、メスの違いなどでさらに細かく分類されます。

牛革の種類は主に6種類

ハラコ

ハラコとは、胎児~生後間もないほどの子牛の革。短い毛のついた素材で独自の風合いがあります。出産前に死亡した牝牛のお腹にいた腹子や、死産した子牛から採られるため、ほどんど市場に出回ることはありません。ハラコは最高級素材であり、通常販売されているものはポニーなどをハラコと称して販売しているケースがほとんどです。

カーフスキン

カーフスキンとは、生後6ヶ月以内の子牛の革。牛革の中でももっとも上質な素材とされています。大人の牛の革と比較してキメが細かく柔らかく、軽い。ハラコよりっも丈夫。すべての皮革素材の中でも上質なアイテムですが、希少価値が高く、手に入りにくい革です。
カーフの製品はこちら >

キップスキン

キップスキンとは、生後1年以内の子牛の革。カーフスキンについで上質な皮であるとされていて、高級ブランドで用いられやすい革です。

ステアハイド

生後2年を経過したオス牛の革。生後3ヶ月~6ヶ月の間に去勢されており、去勢されていないオス牛の革(ブルハイド)と比較して革質がやわらかい。厚みが均等であり、様々な用途に使用可能です。主に食用として生育されているため供給が安定しており、牛革の中で最も一般的に使用されます。

カウハイド

カウハイドとは、生後2年を経過し、出産を経験したメスの牛の革。皮の厚さはオス牛ほどなく、やや柔らかさをもっています。出産を経験しているため、お腹の繊維密度が荒くなっています。

ブルハイド

ブルハイドとは、生後2年を経過し、去勢されいないオス牛の革。牛革の中でももっとも固く丈夫である一方、柔らかさはありませんので汎用性はありません。去勢されていない牛は、オス同士で決闘を繰り返すことが多く、傷付いていることが多いため、ワイルドな革製品の加工に向いています。

エーテルの牛革は
やわらかくて軽い

繊維がとてもキメ細かくやわらかな革である、カーフ。加工を施さなくても薄くなめらかな触り心地は、「最上質のレザー」と言われ、市場ではめったに見かけることがありません。そして、そのカーフの中でもさらに希少価値が高いのが「ヘアカーフ」。カーフのしっとりと滑らかな肌に、柔らかくて艶やかな毛並みを毛並みをのこした最高品質のレザーです。エーテルのアリュールシリーズは、このヘアカーフで作られています。
このヘアカーフにふれた瞬間、私たちの心は高揚しました。ずっと触っていたくなるような肌触り。なめらかな毛並みが作り出す艶。このやわらかい革で、キーケースやお財布を作りました。大人の女性が使うにふさわしいラグジュアリーな革製品。手にしたときにその上質感を感じていただけるはずです。

ヘアカーフ製品はこちら >

ヘアカーフのお手入れ方法 >

2018年・財布を使い始める日は?天赦日、一粒万倍日、寅の日から見た風水で金運UPの日

エナメル(パテント)レザー|革ブランドAETHER

関連記事

  1. 《松坂屋静岡店》期間限定ポップアップイベントのお知らせ

    2月1日(木)~2月20日(火)の20日間、松坂屋静岡店にて期間限定でポップアップイベントの開催が決…

  2. 《大分県》期間限定ポップアップイベントのお知らせ >>

    3月1日(木)から、大分県大分市の百貨店・トキハ本店にて期間限定でポップアップイベントの開催が決定し…

PAGE TOP