冬に輝くバラ|新シリーズ “ロザリア”

スムースレザー「クレア」エイジングコラム

みなさん、こんにちは。エーテルスタッフの真田です。
今日から11月ですね。今年も残すところあと2ヶ月となりました。
2022年の立冬は11月7日。暦の上ではいよいよ冬が訪れます。温かいスープが一層美味しく感じられたり、キャンドルの火がより一層温かく感じられたり。そんな季節ですね。

さて本日はそんな真冬に花を咲かせる「冬薔薇」をモチーフにした、新作のご紹介。どうぞ最後までお付き合いください。


雪化粧を纏いながら、凛と咲く


“冬薔薇(ふゆそうび。または、ふゆばら)”という言葉をご存知でしょうか。温室で育てられ立派に咲いた花ではなく、冬枯れの中にぽつりと咲き出した花を指す言葉です。

花言葉は「輝かしく」。この花言葉からも、冷たい北風にも負けず、キラキラとした雪化粧をまといながら、凛と咲く姿が想像できます。

冬の厳しい寒さの中でも花を咲かせる冬薔薇。「輝かしく」の花言葉を胸に秘めておくだけで、なんだか心強いですよね。毎朝この花を見たり、出かけているときのふとした瞬間にこの花言葉を思い起こせば、お守りのように心にそっと寄り添ってくれる。そんなアイテムを作りたくて、冬薔薇をモチーフにしたアイテムを企画しました。


冬薔薇の花言葉のようなアートレザー


仕上がったのは、幻想的な世界を思わせる美しい革。私たちはこの革を「ロザリア」と名付けました。 イタリア産のグレインレザー(銀付き牛革)に、ローズ柄の型押しを施して。冬薔薇の花言葉「輝かしく」にちなんで、キラキラとした質感を表現しています。

このアートレザーは、7回もの工程を経て作られています。まず装飾の前に、革を柔らかくするためのなめし、研磨、ロール加工。バラ模様の型を押して、カラーリングを施し、凹凸の凸部分にだけメタリックを乗せ、仕上げに手作業でラメをステンシルのように押していきます。ピンクは可愛らしい印象のピンクメタリック+ピンクラメ、ブルーは透明感を感じるブルーメタリック+シルバーラメ、イエローは高級感あふれるゴールドメタリック+ゴールドラメで冬化粧を。

冬薔薇は12月25日を誕生花としているので、まさにクリスマスのイルミネーションのような、キラキラとロマンチックなアートレザーに仕上がりました。


冬薔薇のお財布で気持ちも上向きに

 
こうして完成した「ロザリアシリーズ」。長財布や二つ折り財布、ミニ財布、キーウォレットなどが登場します。お財布の使い方も人それぞれ。あなたにぴったりの形がきっと見つかるように、5型ご用意しました。このアイテムを持ち歩くことで、あなたをより一層輝かせる、そんな自信にもつながりますように..。
発売は11月11日(金)。ぜひ楽しみにお待ちくださいね。


さて、本日は冬薔薇についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。春が待ち遠しいほどの厳しい寒さがやってきますが、冬にしかない美しさを探すのも素敵ですよね。

これから寒暖差が激しい季節なので、どうぞ風邪をひかないようにお気をつけてくださいね!

ロザリアシリーズの詳細はこちら >

 

スムースレザー「クレア」エイジングコラム

スムースレザー「クレア」エイジングコラム

 

 

「季節の色を見つける」 秋 Autumn篇

「永遠のピンク」AETHER × NUANCE PINK

関連記事

  1. 押し花革ができるまで|AETHER花便り

    こんにちは! エーテルスタッフの真田です。最近暖かくなってきたので、春らしい刺繍がされている、…

  2. 11月の花「マム」|季節のブーケプレゼント

    みなさん、こんにちは。霜月の名の通り冷え込む朝が増えてきましたね。日中の気温差で人も植物も調…

  3. Gift|相手を想い、気持ちを贈る

    こんにちは! エーテルスタッフの真田です。母の日といえば、花束を贈るのが定番だった我が家…

  4. クリスマス限定、オリジナルキャンドルをプレゼント

    こんにちは!エーテルスタッフの真田です。11月を迎えて、今年もそろそろクリスマスがやってきま…

  5. 十五夜お月様 中秋の名月を愉しむ

    みなさん、こんにちは。気持ちが凛とするような澄んだ風が吹く秋。空の表情も一段と美しくなる季…

  6. クリスマスギフト診断|今年のクリスマスにあなたをハッピーにする色…

    クリスマスギフト診断|今年のクリスマスにあな…

  7. 日本の夏色とエーテル

    皆さま、こんにちは。7月も下旬に入り、夏真っ盛り。夏服のおしゃれ、楽しんでいますか?海…

  8. わたしに、咲く。エーテルの新しいカタログができました。

    皆さま、こんにちは。雨が、続いていますね。先日、カタログの撮影で高速を走っていた早朝のこと…

PAGE TOP