星屑のように咲くカスミソウ|七夕物語

タイプ別ミニウォレット

みなさん、こんにちは! エーテルスタッフの真田です。

明後日7月7日は七夕ですね。今年はキラキラ輝く天の川が見えるかな〜と、今からワクワクしています。

みなさま願いごとはしましたか?私は、まだ4つのコードしかマスター出来ていない、ウクレレの上達を願って短冊にしたためました。

また、あまり知られていませんが、実は7月7日は「カスミソウの日」でもあります。由来は七夕伝説の天の川。白いカスミソウが夜空に瞬く星屑のように見えるからなのだとか。

そこで本日は、七夕の歴史や各国の美しい言い伝えをご紹介したいと思います。

 


七夕伝説の始まり

七夕とカスミソウの日について

七夕伝説のおこりは中国だといわれています。
夫婦だった織女と牽牛が、仕事をせずに遊んでばかりいたので、1年に1日のデート以外は仕事漬けの毎日を強制されるというお話。昔の農民が「仕事、仕事」の毎日を哀れむために作った物語が、七夕伝説の始まりなのではないかといわれています。

中国では、この二人の再会を祝い、織女にならって織物が上達するための「乞巧奠(きっこうでん)」という祭りが行われるようになりました。
そのお話が日本に伝わり、日本に従来からあった棚機津女の信仰や、琉球地方の羽衣伝説などと混ざった形で七夕伝説が伝承され、江戸時代には、書道学問の上達を願う行事となりました。
短冊に願い事を書くのは、中国の乞巧奠にちなみ、裁縫や書道、詩歌などの技術向上を祈る習慣が始まりなんだとか。

まっすぐに伸びる生命力豊かな笹や竹には神聖な力が宿ると信じられ、子供たちの健やかな成長を願って笹や竹が使われるようになったそうです。

また、水を張ったたらいをわざと揺らし、水面にうつる2つの星をくっつけたり重ねたりする可愛い習わしも行われていたのだとか。織姫と彦星が会えるように願う気持ちは今も昔も変わらないんだなと思うと、遥か遠い歴史にも親近感が湧いてきます。

 

日本の七夕物語のあらすじ
天の神様の娘である織姫は、機織りが得意な働き者。 働いてばかりの彼女を心配した天の神は、同じく働き者の彦星を彼女の結婚相手に選びましたしかし、夫婦になった二人は遊びに夢中になり、働かなくなってしまいます。怒った神様は二人を天の川の両端に引き離してしました。織姫は泣き暮らし、彦星は引きこもるように。困った天の神は、真面目に働くなら1年に1度だけ会うことを許しました。織姫と彦星はそのために一生懸命働き、7月7日の夜に天の川を渡って再会するようになったのです。

 


世界の七夕


七夕とカスミソウの日について日本の七夕伝説は、離れ離れになった織姫と彦星が、年に一回再開するために天の川を渡りますよね。

でもフィンランドの七夕ストーリーは少し違います。

こと座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(彦星)は、ズラミスとサラミという仲良し夫婦の星。いつも一緒だった二人ですが、死んだあと星となり、離れ離れになってしまいます。
しかし二人は決して会うことを諦めず、空にただよう星くずを集めて二人の星の間に光の橋を作り再開しようと決めたのです。
それから毎日毎日星を集め、どれだけ時が流れようとも二人は諦めることなく橋を作り続けました。
その橋が天の川。

日本とはちがい、星の集まりは川ではなく、夜空に浮かぶ橋と考えられています。
なんと千年もかけて橋を完成させた二人は再会し、今も夜空でキラキラ輝きながら仲良く暮らしているそうです。愛に溢れたロマンチックな伝説ですよね。

 

また、韓国では、離れ離れでも愛し合う二人の神様を「永遠の愛の象徴」としていて、古くから恋人同士が贈り物をしあう日なんだとか。近年では、家族や友人といった親しい人にも花などのプレゼントを贈る日になっているようです。

芸事の上達を願う日とされていた日本の七夕が現代のようなスタイルに変わったように、伝統を守りながら、各国それぞれに時代に合わせた星祭りが受け継がれているんですね。

 


7月7日はカスミソウの日


本物の花を閉じ込めた押し花レザー国によって変わる七夕伝説。どの国の物語も、ロマンチックな言い伝えですよね。

日本では白いカスミソウが七夕の空に現れる天の川のようだという理由から、7月7日を「カスミソウの日」としています。

カスミソウの花言葉は「清らかな心」「無邪気」「幸福」「感謝」「親切」。
ロマンチックな七夕にぴったりの花言葉です。

エーテルでは本物のカスミソウを革に閉じ込めた、花束のようなアイテム「ジプソフィア」シリーズが七夕の日に再販されます。また、新たにカードケースが新作として登場。名刺入れとしてはもちろん、カード決済が多い方にもおすすめです。
カスミソウの花言葉を添えて、大切な方への贈り物にいかがでしょうか?

カスミソウを閉じ込めた「ジプソフィア」シリーズはこちら >>

 

エーテルの押し花レザーさて、本日は七夕についてご紹介してきましたがいかがでしたか。
いくつになっても魅了される、星や花には憧れやときめきがいっぱい詰まっていますよね。年に一度の七夕の日が、みなさんにとって素敵な一日になりますように。

また、カスミソウの他にも、本物の押し花を入れた「ジュリエット」シリーズも7月下旬に再販予定。本物のお花を使っているため、形や色が違う一点物シリーズ。世界にたったひとつのアイテムです。
ぜひ楽しみにお持ちください!

本物のお花を閉じ込めた、押し花シリーズはこちら >>

 

 

エーテルのミニ財布

 

ミニウォレット特集|お悩み別おすすめ

花と色|ORANGE Bouquet ブーケプレゼント

関連記事

  1. Tea Time|夏のハーブと革小物

    みなさん、こんにちは!エーテルスタッフの真田です。6月21日の夏至を超え、あっという間に梅雨が…

  2. 十五夜お月様 中秋の名月を愉しむ

    みなさん、こんにちは。気持ちが凛とするような澄んだ風が吹く秋。空の表情も一段と美しくなる季…

  3. 12月の花「クリスマスブッシュ&ヤドリギ」|季節のブーケプレゼン…

    みなさん、こんにちは。例年であれば何かと賑やかな年末ですが、今年はなるべく控えめに。ご家族…

  4. マリーゴールド栽培日記 ~41日目・開花~

    ←31日目・蕾の記事はこちら蕾をみつけ、開花を待ちわびる日々・・娘、蕾数えてます。(右のプラ…

  5. 〈秋の新作〉レザーウォッチバンドのススメ|レザーブランドAETH…

    ついに来週、3サイズのApple Watch(38/40/41mm)に対応したレザーウォッ…

  6. 10月9日はマカロンの日!

    みなさん、こんにちは。エーテルスタッフの真田です。10月9日はマカロンの日。マカロンを…

  7. おすすめプレゼント診断 彼女に似合うのはどのレザー?

    記念日や誕生日・・大切な恋人や奥様へのプレゼントに、何を贈ればいいかを迷ってしまう方も多いの…

  8. 春の便り|桜の新革ができました

    みなさん、こんにちは。お花屋さんでは12月下旬から桜の枝物が並んでいます。我が家では一足早く…

PAGE TOP