エナメルレザーのお手入れ | 革ブランドAETHER

エナメルレザーのお手入れ|革ブランドAETHER

エナメルレザーのお手入れ

エナメルレザーの魅力

エナメルの魅力はなんといってもツルンとした美しいツヤ。エナメルはもともと、革を守るためのコーティングとして開発されました。水に強く、汚れにくいのが特徴です。そのため、天然皮革にありがちな雨や水のシミが出来てしまうということもありません。

エナメルはかつて高級靴の素材として多く採用されていました。お手入れに靴墨を使用しないことから、舞踏会で男性が女性のドレスを踏んでしまっても、通常の革靴より汚すことがない、という理由で、フォーマルの場で広く愛用されていたと言われています。エナメルは定期的に手入れさえしていれば、新品のような光沢感を維持することができます。

エナメルレザー

耐久性があるからといっても注意が必要

光沢感がありツルツルとしているため汚れが目立ちにくい革ではありますが、それでも汚れないわけではありません。手に吸い付くような素材なので、他の製品からの色移りがしやすいのが難点。汚れに関しては、他の革と同様に、時間が経つほど落ちにくくなるので、定期的な手入れが必要となります。ただ、最低限のお手入れ方法をマスターしておけば、エナメルレザーは「メンテナンスフリー」と言われるほど、お手入れが簡単なレザーです。

エナメルのお手入れに必要なケア用品


  • Collonil(コロニル)ポリッシングクロス

    Collonil(コロニル)ポリッシングクロス

    400円+税


  • Collonil(コロニル)ラックムース

    Collonil ラックムース

    1,500円+税


  • ラックポリッシュ

    Collonil ラックポリッシュ

    1000円+税

準備するもの

エナメルのお手入れには柔らかい布が必須。Collonil(コロニル)のポリッシングクロスがおすすめです。表面の汚れを落とすためのCollonil(コロニル)ラックムースと、ツヤを出すためのCollonil(コロニル)ラックポリッシュをご用意ください。

エナメルレザーを磨く

お手入れ方法

まず、ゴミやほこりやなどをポリッシングクロスで乾拭きをして拭き取りましょう。柔らかい布を使いキズが付かないようにしてくださいね。エナメルは水をはじきやすい性質ですが、時間が経つとシミの原因になります。液体がついたことに気がついたら、すぐにハンカチやテッシュで拭き取ってください。表面のゴミを拭き取ったら、ラックムースを良く振り布にフォームを適量取り、まんべんなく塗布して汚れを落として下さい。乾いた後、ポリッシングクロスで乾拭きしてください。ラックムースには、エナメル皮革の表面に付着した汚れ、ベタつきを落とし、エナメル製品の本来の風合いと輝きを取り戻す効果があります。

エナメルレザー長財布のお手入れ
次に、ラックポリッシュの容器を良く振り付属のスポンジアプリケーター中央部のストッパー(赤)を押し付けて解除し、まんべんなく塗って下さい。乾いた後、ポリッシングクロスで乾拭きしてください。エナメル皮革にツヤを与え、ヒビ割れを防ぎます。

エナメルレザー長財布

丁寧に磨き上げる事で、エナメルレザーがウルウルツヤツヤの質感に仕上がります。手触りもツルツルになりお手入れ前と全然異なります。

エナメルレザーの取り扱いの注意点!!

■エナメルに防水スプレーをかけてしまうと、膜が張ってしまい特有の美しさが消えてしまいます。さらにシミ・汚れの原因になってしまうので絶対にやめましょう。
■エナメルはキズがついてしまうと修復が難しいのでご注意ください。
■熱に弱いので、直射日光が当たる場所や暖房器具の側にはあまり置かないようにしましょう。
■熱湯をこぼすと表面が溶けてしまうこともあります。
■長期間保管していると表面がベタつくことがあります。

ピンクのエナメルレザー長財布

AETHERのエナメルレザー

エナメル素材はカジュアルにはもちろんですが、舞踏会で親しまれていたこともあり、特にパーティーなどのフォーマルシーンにもおすすめです。AETHERでは美しい色彩の様々な花柄から、洗練されたクロコ型押しまで、上質な革を使用したアイテムをご用意しています。お財布、キーケース、バック・・。普段のお出かけにはもちろん、特別なシーンでも大活躍すること間違いなしです。

ピヴォワンヌシリーズ

フルールシリーズ

エトワールシリーズ

パンセシリーズ

エーテル 繊細なクロコダイル ニナシリーズ

エーテル シェブロン加工シープレザー ベルメール

本命彼女に喜ばれるホワイトデーのお返し革小物TOP10

気分を晴れにする、梅雨時期のカラフル小物。

関連記事

  1. 満開のさくら色を探して・・|革ブランドAETHER

    満開のさくら色を求めて|革製品今日はエーテルで一番好きな革の話をします。最も時間と手間をかけ、ペ…

  2. 内装革の話

    今日は、店舗限定の押し花キーケースの内装のお話です。エーテルの商品の内装は、外装にも使えるくらいこだ…

  3. 枯れない花束(押し花革)|革ブランドAETHER

    枯れない花束-押し花革ができるまでの物語-|革製品花束を革に閉じ込めたい「大切な人に花束を贈…

  4. シープスキンとラムスキンの違い | 革ブランドAETHER

    ラムスキンとシープスキンの違い|革製品ラム(羊)革の魅力ラム革(ラムレザー)と聞くと、手袋や…

  5. 「見てくださいこの色このツヤ!」 >>>

    「この色めっちゃ良くないですか?! このパープリッシュがかった上品なグレイ、なかなか出ないんです!…

  6. 洞田さん >>>

    今日は、コードバンの職人、洞田さんについてのお話。その前に、コードバンについて簡単に説明します。…

  7. コードバン(馬革)の特徴とお手入れ方法|革ブランドAETHER

    コードバン(馬革)の特徴、お手入れ方法|革製品コードバンとは?コードバンは高価なイメージ…

  8. 今までにない、本物の花を閉じ込めたキーケースをお届けします

    凍てつく寒さの2月下旬、芸術の都イタリアで、私たちはこの革と出会いました。イタリアの高度ななめ…

PAGE TOP